12:34 2017年04月29日
東京+ 18°C
モスクワ+ 6°C
    露独首脳、モスクワ無名戦士の墓に献花

    露独首脳、モスクワ無名戦士の墓に献花

    © Sputnik/ Host photo agency/Alexey Filippov
    ロシア
    短縮 URL
    0 433140

    ロシアのプーチン大統領とドイツのメルケル首相がモスクワの無名戦士の墓への献花式に参加した。

    式典ののち、両首脳は、アレクサンドロフスキイ庭園を通り、会談のためにクレムリンに向かった。すぐに会話が始まり、沿道の人々とも交流した。

    クレムリンで会談の開始に際しプーチン大統領はこう述べた。

    「今日の会談で、両国関係についてや、EU全体との関係発展について、そしてもちろん、ウクライナ情勢をはじめとする、特段に深刻な諸問題について、話し合うことが出来るよう期待している」

    ドイツを含むEU諸国とロシアの関係は、ウクライナ危機を背景に、著しく悪化した。共同作業のためのフォーマットの多くが座礁し、様々な共同プロジェクトが延期ないし撤回された。一例として、2014年、ドイツとロシアの間に計画されていた協議や、社会フォーラム「ペテルブルグ・ダイアローグ」が実現しなかった。

    そうした状況にもかかわらず、ドイツ首相はロシア大統領の招待に応じた。現在の国際環境にあっては、ドイツとの対話の発展には特段の意義がある。

    タグ
    戦争・紛争・対立・外交, アンゲラ・メルケル, ウラジーミル・プーチン, ドイツ, モスクワ, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント