19:41 2018年11月16日
ラヴロフ外相、対米コンタクトは露の国益にかなうものであるべき

ラヴロフ外相、対米コンタクトは露の国益にかなうものであるべき

© Sputnik / Vladimir Astapkovich
ロシア
短縮 URL
0 110

モスクワは米国との相互関係を退けることはないものの、こうしたコンタクトはロシアの関心にこたえるものでなければならない。ラヴロフ外相はTV「ロシア24」局の番組「国際概観」のなかでこう語った。

ラヴロフ外相は米国との協力について、「もちろん、われわれは立腹しているわけではなく、相互関係を拒否しているわけでもない。ただし協力にはむかうものの、それは相手がこの分野でわれわれとの関係を欲するからではなく、まさにコンタクトの具体的分野がわれわれの国益にもかなうものだからだ」と語っている。

タグ
露米関係, セルゲイ・ラブロフ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント