19:10 2017年12月17日
東京+ 5°C
モスクワ+ 6°C
    バクダッドに集まったイラク、レヴァントの「イスラム国」支持者たち

    モスクワ国立大学の女学生、イスラム国(IS)に加入しようとした疑い

    © AP Photo/ File
    ロシア
    短縮 URL
    「イスラム国」の脅威と全世界に広がる過激主義 (182)
    0 08

    モスクワ国立大学に学ぶ女子学生ワルワーラ・カラウロワさんが、トルコ・シリア国境を越えようとし、拘束された。刑事告訴される可能性もある。ロシアの治安機関の情報。

    女学生はテロ組織「イスラム国」に加入しようとしたと見られている。

    治安機関職員によれば、「外国における軍事行動に参加しようとした容疑で刑事告訴される可能性がある」。

    先に弁護士が発表したところでは、同女性はイスラム原理主義を奉じており、5月末に失踪、インターポールのラインで国際手配がかけられていた。

    トピック
    「イスラム国」の脅威と全世界に広がる過激主義 (182)

    関連:

    なぜイスラム国(IS)はイラクと米国を打ち負かせるのか?
    ペンタゴン:イラク軍はイスラム国と戦う意思に欠けている
    「イスラム国」、核兵器の 入手期日を宣言
    イスラム国(IS) パルミラの3分の1を制圧
    タグ
    モスクワ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント