11:49 2017年12月12日
東京+ 7°C
モスクワ0°C
    「任天堂」社長の死を悼みロシアのゲームファン 日本大使館に献花

    「任天堂」社長の死を悼みロシアのゲームファン 日本大使館に献花

    © Sputnik/ Aleksey Nasyrov
    ロシア
    短縮 URL
    1212

    ロシアのゲームファン達は「任天堂」の岩田社長逝去の報に接し、モスクワの日本大使館の建物の前に花を捧げたり、ロウソクを供えたりしている。ポータルサイトIGN Russiaが伝えた。

    岩田社長が55歳の生涯を終えたことを「任天堂」が発表したのは13日の朝だったが、その日の夕方には、日本大使館の前にすでに花やロウソクが供えられ始めた。

    「任天堂」社長の死を悼みロシアのゲームファン 日本大使館に献花
    「任天堂」社長の死を悼みロシアのゲームファン 日本大使館に献花

    そうした行動に参加した一人、「任天堂」のゲームが大好きだというエカテリーナ・クリニチさんは「岩田氏の生き方、そして彼のゲームファンに対する好意あふれる態度に、いつも感銘を受けていた。その方が亡くなられたと知り、哀悼の気持ちを表そうと思った」と語っている。

    「任天堂」社長の死を悼みロシアのゲームファン 日本大使館に献花
    「任天堂」社長の死を悼みロシアのゲームファン 日本大使館に献花

    岩田聡(サトル)氏は、2002年に42歳の若さで社長に抜擢され今ある「任天堂」の路線を決定づけた。他の多くの社長達と違って彼は、積極的に「任天堂」製品の販売拡大に参加した。氏のイニシアチブにより、オンラインNintendo Directブロードキャストや円卓テーブルIwata Asksなど革新的アイデアが実現され、そのおかげで一般ユーザーは、通常第三者の目には隠されている会社内のスタジオで生じている事を、これまで以上に知る事ができた。

    関連:

    世界のゲーム業界をけん引した任天堂の岩田社長死去
    タグ
    日本関連, 露日関係, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント