23:39 2018年11月19日
海

ロシア クリミアにTu-22M3超音速爆撃機を配備へ

© Sputnik / Mihail Mokrushin
ロシア
短縮 URL
0 121

ロシアは、ルーマニアに米国のMD(ミサイル防衛)施設が配備されることに対抗して、クリミアでTu-22M3超音速爆撃機 の飛行大隊を強化する計画。

ロシア国防省の情報筋がロシアのマスコミに伝えたところによると、「Tu-22M3とそのミサイルの到達ゾーンは、黒海の水域をはるかに越える」という。将来的に、超音速誘導ミサイルや通常の爆弾あるいは核爆弾によって、ほぼすべての目標を破壊することを目的としたこれらの爆撃機の数は、連隊の規模にまで増える可能性がある。

ロシア国防省は先に、ルーマニアに配備される米国のグローバルMDシステムの施設は、米国がロシアを攻撃した際に、ロシアの打撃手段の最初のターゲットになるだろうと発表した。

 

 

関連:

フランスの議員代表団 制裁導入後初めてクリミア訪問
ウクライナ人の3人に1人、クリミアをロシア領と認める用意あり
クリミア、今年に入ってから21回地震があった
グルジアの野党政治家「クリミアは今もこれからもロシアの土地」
タグ
クリミア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント