08:55 2018年07月17日
サハリン州政府、クリル諸島の経済的ポテンシャル拡大に用意あり

サハリン州政府、クリル諸島の経済的ポテンシャル拡大に用意あり

© Sputnik / Sergey Krasnoukhov
ロシア
短縮 URL
0 92

サハリン州政府はクリル諸島の経済的ポテンシャルを拡大する用意がある。オレグ・コジェミャコ州知事代理が今日の会見で述べた。

「我々は今諸島の経済部門を拡大していく。そこでは今経済部門が不足気味だ。そこには全てのものがある。社会インフラも住宅もあるが、経済が不足気味だ。また観光も不足気味だ」と、新クリルプログラム採択にコメントして、コジェミャコ氏。

氏の言葉によれば、3つの大きな島、すなわちパラムシル、イトゥルプ、クナシルのそれぞれに、ミニ温室、ミニ農場、ミニ豚舎をつくり、少なくとも彼らが自給自足できるようにしなければならない。さらに、このプログラムは養魚場や海草農場の建設に関するものでもある。島にはよい湾がある。「これら全てが経済のドライバーだ」とコジェミャコ氏。

政府は23日、2016年から2025年の間のクリルの社会経済的発展に関する連邦特別プログラムを承認した。2025年までの投資の規模は700億ルーブルになる。うち280億ルーブルが連邦予算。

関連:

米専門誌「National Interest」 ロシアは日本に対抗しクリルを復活させる
クリル諸島でロシア軍の再軍備 軍人のための新たな住宅も建設
日本外務省 メドヴェージェフ首相のクリル訪問の意向にコメント
タグ
クリル諸島, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント