16:26 2018年05月23日
東京+ 19°C
モスクワ+ 19°C
    太平洋艦隊

    ロシア 新海洋ドクトリンの枠内で中印の艦隊と緊密な協力を発展させる

    © Sputnik / Vitaliy Ankov
    ロシア
    短縮 URL
    170

    ロシア連邦の新たな海洋ドクトリンでは、ロシアの艦隊と中国およびインドとの友好関係の発展が規定されている。26日、ロシア大統領府のサイトで発表された。

    ドクトリンの太平洋地域に関する箇所では、「中国との友好関係の発展、ならびに、同地域の他の国との肯定的な相互関係の拡大は、太平洋地域の方向性における国家海洋政策の重要な部分となっている」と述べられている。

    またドクトリンでは、主な発展の方向性として、インド洋におけるインドとの友好関係の発展も定められている。

    ロシアのプーチン大統領は26日、ロシア・カリーニングラード州のバルチスクを訪れ、アドミラル・ゴルシコフ級フリゲート艦で会合を開き、ロゴジン副首相から海洋ドクトリンの修正報告を受けた。

    国際問題の専門家で太平洋南部調査センターのシェン・シュエン所長(Shen Shishun Director of the Center for South Pacific Studies at the China Institute of International Studies) は、ラジオ。スプートニクのインタビューに応じた中で「ロシアと中国は、他の国家同様に、太平洋にますます大きな注意を向け、特に海洋法や海の利益、海軍力拡大に注意を割いている。そのことは、ロシアと中国の海軍協力の基盤に置かれている」と述べ.次のように続けた―

    「ロシアと中国の潰瘍における協力の発展は、グローバルな意味合いを持っている。しかしまず第一に、それは、ロシア・中国そのものに建設的意義がある。どんな形で両国が。軍事協力を発展させてゆくか、それは重要ではない、ロシアと中国は、それが第三国に向けられたものではないことを強調している。もちろんそうした協力が、正しく発展してゆけば、将来もし必要が生じれば、ロシアと中国は、協力を強めることができる。それゆえ軍事艦隊の共同行動は大きな意味がある。それ以外に、協力の意義は、二国間関係の枠を超え、グローバルな、あるいは地域的規模に特定の影響を与えている。」

    タグ
    インド, 中国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント