07:25 2017年09月26日
東京+ 21°C
モスクワ+ 11°C
    ミストラル級ヘリ空母

    IBT:ロシアはミストラルの代わりに国産原子力空母を開発する

    © AFP 2017/ Frank Perry
    ロシア
    短縮 URL
    0 699102

    ロシアは原子力エネルギー・モジュールを搭載した新たな空母を開発している。「統一造船」社広報の発表をInternational Business Times(IBT)が伝えた。

    クレムリンはフランスとの契約決裂に先立つ5月の時点で既に国産軍艦の建造計画を発表していた。

    「統一造船」によれば、空母は開発段階だという。ネワ造船事務所の調べでは、海軍の要求を満たす船を建造するには原子力エネルギーを使うしかない。

    ネワ造船事務所のセルゲイ・ヴラソフ主任技師によれば、空母は2つのバージョンがあり得る。ひとつは原子力エネルギー・モジュールを搭載するもので、排水量は8万トンから8万5000トンになり、艦載機は70となる。もし原子力を使わないのであれば、艦載機は55となり、排水量は5万5000トンから6万5000トンになる。

    IBTによれば、新型戦艦の建造は早くて2030年に終わる。

    関連:

    ミストラル合意破綻:誰が勝ち、誰が負けたか
    仏「ミストラル」誰が買う? インド、ブラジル、ベトナムか?
    露仏がミストラルでようやく合意、仏は12億ユーロを返還へ
    仏大統領「ミストラル」の違約金支払に関し合意成立との情報を否定
    タグ
    ミストラル, フランス, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント