01:55 2018年12月14日
戦略管制機イリューシン-80

ロシア 「最後の審判の日の航空機」の第三世代機開発へ

Ilya Pitalev
ロシア
短縮 URL
0 120

ロシア企業「パリョート」は、第三世代の戦略管制機の製造作業を開始する。同企業のアレクサンドル・コミャコフ最高経営責任者(GEO)が述べた。

国際航空宇宙見本市「マクス-015」の会場で、コミャコフ最高経営責任者は「第三世代の新型機の製造に着手するが、その時期及び特徴に関し述べるのはまだ早い」と述べた。

彼の言葉によれば「パリョート」社はつい最近、第二世代の管制機の国の飛行テスト検査を終えた。来年には、そうした管制機のロシア軍への配備が計画されている、との事だ。

コミャコフ最高経営責任者は、さらに次のように述べた-

「その基本的な長所は、持久力だ。敵は、地上座標から分かる目標を破壊することはできるが、空中の目標は難しい。なぜなら、たえず展開する場所を変えるからだ。米国には、そうしたものがあるが、『最後の審判の日』の航空機と呼ばれている。その課題は、地上の通信インフラが失われてしまっているか、完全に破壊されてしまっているような絶対的な非常事態の際に、通信ネットワークを組織することにある。」

ソ連時代、イリューシン-86をベースにして戦略管制機イリューシン-80が開発され、全部で4機生産され、現在に至るまで使用されている。

タグ
MAKS-2015, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント