03:27 2019年10月20日
ナショナル・インタレスト誌、「ロシア製無人機は米ステルスへの挑戦状」

ナショナル・インタレスト誌、「ロシア製無人機は米ステルスへの挑戦状」

© 写真: Igor Generalov/Press Service of the Rostec Corporation
ロシア
短縮 URL
1140
でフォローする

ロシアと中国の航空分野での最新の開発は米空軍の優位性を剥奪しかねない。米「ナショナル・インタレスト」誌が報じた。

「ロシアと中国は無人航空機をつくっているはずだ。これは米のステルス機の優位性を無に帰するためのものだ。」

報告:米国の新戦闘機、性能でソビエト機に劣る
US Air Force / Airman 1st Class Jason Couillard
中国の早期警戒無人機 「神雕(Divine Eagle)」 は爆撃機B2のような航空機に対しても、核兵器を積んだズムウォルト級ミサイル駆逐艦のような船に対しても用いることができるだろう。神雕をドロンとして用いれば、中国空軍はレーダーに敵の探知されない航空機やミサイル、船を、それらが大陸に到達する前にやすやすと迎撃することができる。「ナショナル・インタレスト」誌は「ポピュラー・サイエンス」誌の評論員の見解を引用して伝えている。

ロシアもまた、類似したシステムを設計中だ。「通信電子技術」社のウラジーミル・ミヘエフ副設計主任は「フライドグローバル」誌からのインタビューの答え、「ロシアの新型無人機は中国の神雕に似て、探知されにくいステルスF35、F22や爆撃機B2を見つけるために低周波レーダーを使用している」ことをあきからにしている。

ステルスのほとんどは高周波レーダーを逃れる目的で作られた。だがロシアの無人機は米のステルス技術を用いた航空機を自分で見つけることができる。「ナショナル・インタレスト」誌はこれは致命的なコンビネーションになりかねないと指摘している。

タグ
武器・兵器, 無人機, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント