02:25 2018年11月19日
モスクワ地下鉄

日本、モスクワ地下鉄改修に意欲

© Sputnik / Anton Denisov
ロシア
短縮 URL
0 81

モスクワ地下鉄フィリョーフスカヤ線の改修に日本の投資家が参加するかも知れない。モスコムストロイインヴェスト(モスクワ市建設投資委員会)代表コンスタンチン・チモフェーエフ氏の言葉をロシアのマスコミが伝えた。これをさらにDV-ROSSが伝えた。

大改修プロジェクトには諸外国の多くの大型投資機関が関心を持っている。「最も意欲的なのが中国と日本の投資家だ」とチモフェーエフ氏。

「ニチロ・キャピタル・グループ」社が市と共同でフィリョーフスカヤ線の改修に参加する意向であるという。

日本と中国以外ではトルコのコンツェルン「アラルコ」が興味を示しているという。

先にモスクワ市交通課のマクシム・リクウトフ氏は、年内にフィリョーフスカヤ線の大改修が始まる、と発表した。改修は駅全体、電気系統、通信・信号システムに及ぶ見込みだと「モスレンタ」は報じている。

タグ
露日関係, 日本, モスクワ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント