01:49 2020年10月31日
ロシア
短縮 URL
東方経済フォーラム2015 (67)
0 140
でフォローする

プーチン大統領は東方経済フォーラムの総会で演説した中で、自由港の制度の普及の可能性について、ウラジオストクをはじめとする極東の他の枢要な港としてとらえることを提案した。

「我々は、今までのロシアの経験と外国の最良の実践を取り入れ、自由港の競争力の高い公式をうまく策定できたと考えている。このため政府に対して、自由港の制度の普及については極東の他の枢要な港としてとらえることを提案する。」

プーチン大統領は、この地域のビジネスのために国境を通過するプロセスが著しく簡略化、軽減され、国境でのおびただしい数のコントロールに代わりに統一の機関が設けられるほか、通過検問所は24時間体制で機能すると指摘した。

ウラジオストクの自由港を通ってロシア連邦に滞在する外国人は国境を通過する時点で直ちに8日間の滞在ビザが申請でき、自由港のレジデントには保険料の特恵が提供される。

トピック
東方経済フォーラム2015 (67)

関連:

アジアの虎に倣うロシア極東
東方経済フォーラム、ウラジオストクに日本型の都市再建が提案
東方経済フォーラム、東のビジネスに挑むロシアの初演の幕が上がる
タグ
東方経済フォーラム, ウラジーミル・プーチン, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント