10:07 2021年08月04日
ロシア
短縮 URL
0 80
でフォローする

元イタリア首相シルヴィオ・ベルルスコーニ氏がクリミアを個人訪問した。プーチン大統領の会談が予定されている。

プーチン大統領は先に、ベルルスコーニ氏とは長年仕事をともにしており、個人的な信頼感、友好関係が生まれている、と語っている。

ベルルスコーニ氏はウクライナ危機についてロシアの立場を全面的に支持している数少ない欧州政治家の一人である。氏はクリミア編入以後の欧米の対ロ外交は無謀かつ非建設的であると述べている。またロシアをG8から排除する決定についても、「反ロシア的で非生産的」と述べている。

ある調査によれば、ベルルスコーニ氏はイタリアでの人気度が27%で第7位である。

関連:

ベルルスコーニ元首相 プーチン大統領に経済相のポストを提案された
プーチン大統領、休日をベルルスコーニ氏とアルタイで過ごす
ベルルスコーニ氏「対ロシア制裁は不公正で実りなくかつ有害」
ベルルスコーニ支持派、議会で対ロ制裁解除を提案
タグ
イタリア, ロシア, クリミア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント