04:35 2018年09月20日
ロシア、シェンゲンビザ発給に関する新規則が発効

ロシア、シェンゲンビザ発給に関する新規則が発効

© Sputnik /
ロシア
短縮 URL
0 50

シェンゲンビザ取得手続きを刷新したEU査証情報システムがロシアで本日より稼働を開始する。

以後ロシア国民はシェンゲンビザ申請時、従来通りの書類一式に加え、指紋データ(手指十本分)の提出が義務化される。

12歳未満の子ども、身体障碍で指紋を取れない人、高官、政府代表団メンバーなどは、指紋の提出が免除される。

ビザ申請者は権限あるビザセンターまたは事前予約の上領事館を訪ねて指紋データを提出することになる。

頻繁に欧州諸国を訪れるロシア人は、一度指紋データを提出すれば、5年間は自らビザセンターに足を運ばなくてもビザを取得できる。

手続きにかかる費用は従来通り35ユーロ。

関連:

ウクライナの民族主義者グループ「右派セクター」の騒ぎでウクライナ、欧州とのビザなし体制導入危うし
ビザ無し訪問でクリル諸島の住人たちに能面をお披露目
インドネシア ロシアや日本など30か国のビザを免除
日本とのビザなし交流シーズン 青少年訪問団によって開幕
タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント