22:11 2018年06月20日
メドヴェージェフ首相

メドヴェージェフ首相、シリア作戦はロシアをテロの脅威から守るもの

© Sputnik / Ekaterina Shtukina
ロシア
短縮 URL
2101

ロシアは対テロ闘争で非常に辛い経験を有しており、これを国内で行なうよりは国外で行なったほうがよい。メドヴェージェフ首相はこうした見解を表した。

メドヴェージェフ首相はテレビ「ロシア24」からのインタビューに答えたなかで、「我々が国防に費やした費用は小さいものではない。この出費はわが国の現在の状況およびわれわれの軍隊の再編成を行なう必然性を考慮したうえのものだ。こうした出費の項目は、現在、ロシア軍がシリアで行う課題のような個々の軍事課題を遂行するためにも十分なものだ」と語った。このインタビューの一部は、同TV局で3日に放映されている。

メドヴェージェフ首相は「我々はロシア国民をテロの脅威から守っている。なぜならこれは国内でテロと戦うよりも国外で行なうほうがいいからだ」と強調し、ロシアは「残念ながらテロとの闘いでは非常に辛い経験を有している」と指摘した。

タグ
テロ, ドミートリー・メドベージェフ, シリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント