22:37 2020年01月22日
ロシア
短縮 URL
0 100
でフォローする

モスクワで、テロ行為を準備していた疑いでロシア人グループが拘束された。そのうちの数人は、ロシアでは過激派として活動が禁止されているテロ組織「IS(イスラム国)」の施設にいた経験があった。12日、ロシアの報道機関が伝えた。

「IS」の部隊には、ロシア人が約2千人おり、戦闘員として戦っている事実については、国連総会の一般討論演説の中で、プーチン大統領も触れている。またマスメディアには定期的に、現在ロシアの空爆を受けている「IS」の収容所で、何百人ものロシア人が戦闘訓練をしているとの情報が現れている。「IS」の部隊に加わるためシリア行きを目指すロシアの若い女性についてのニュースも、時に話題となる。

「IS」の側からのロシア社会に対する影響について、ラジオ・スプートニク記者は、ロシアを代表する東洋学者の一人、国立サンクトペテルブルグ大学のウラジーミル・コロトフ教授に、意見を聞いた―

「心理的健康に問題があり、弱点がある人達が、彼らの目的や行動モデルを変えようとするプロパガンダの影響を受ける。彼らは『IS』部隊に入隊しようと、トルコを経由してシリアへと向かい、軍事行動に加わっている。彼らをとらえている夢は様々だ。世界的なカリフ国家の創設に向けた聖戦に参加したいとするものから、イスラム聖戦士の中に自分の夫を見つけ出したいと願うものまでいる。最近、全く恵まれた家庭で育った娘達が、すべてを捨て、チケットを買ってトルコに逃亡するという、いくつかのケースが話題となった。『IS』メンバーの募集(リクルート)は、若者を惑わせ、彼らを他人の戦いの生贄、大砲の餌食とするために、現代の最新テクノロジーを駆使して行われている。欧州文化を身につけた若者向けには、彼らの心理的ガードを突破する、特定のパターンが作られている。その結果、彼らは、すべてを捨て、戦闘ゾーンに向かい、そこで非業の死を遂げるのだ。

なお『IS』には、ロシア向けの特別のリクルート・サービスが存在し、例えば、サンクトペテルブルグでは、治安機関による抜き打ち検査が実施され、複数の募集センターの存在が明るみに出た。なおそれらは殲滅され、その職員は逮捕された。そうしたセンターは、文化センターに付属して活動を試みている。なお伝統的なイスラム聖職者達は、そうしたセンターと戦っている。

『IS』メンバーの最も危険なリクルートが行われているのは、インターネットのサイトを通してである。それは、特に人々を処刑したりする映像などを含んでおり、見るものに強烈な影響を与えている。心理的に不安定な人々は、膝を屈し、自分の安全を守るために、最も残酷な過激派グループに、あらかじめ加わろうと試みるのだ。しかし現実には、そうした人達は、あっという間に、人生と別れを告げ、大砲の餌食として使い捨てされる。こうしたサイトは、ロシア領内に存在するのではなく、絶えずアドレスを変えている。」

「IS」の考えがインターネットで拡散される危険性については、国際社会も認識している。マレーシアのラザク首相が、国連本部で、アセアン諸国に「『IS』の支持者達は、新規メンバーを募集するために、ソーシャルネットワークを積極的に利用しているゆえに、インターネット領域を含め、我々は、テロリズムと戦うため力を合わすべきだ」と訴えたのも決して偶然ではない。マレーシアは又、東南アジアに、インターネットを通じて過激なイデオロギーを広めることを阻止するための統一センターを設立することを提案した。一方ロシアの専門家達は、ソーシャルネットの疑わしいページを調べ、テロリストあるいは募集担当者である可能性の高い人物のIPアドレスを特定するプログラムを作っている。

又、サンクトペテルブルグ大学のコロトフ教授は「IS」メンバー募集のため、薬物、特に向精神薬が用いられていると主張している―

「そうした技術は、もう大分以前、12世紀ごろから使われ、ハッシシ(大麻樹脂を固めたもの)などが、よく知られている。戦闘員は、そうした麻薬の影響下で、あらゆる殺人を遂行する心の準備をし、自分は天国に行くのだと信じこまされた。ここで指摘しておきたい事がある。実は『アラブの春』も、大衆騒乱事件の首謀者が参加者に配った合成麻薬の影響のもとに行われたという事実だ。中東で起こっているプロセスにおいて麻薬の果たす役割は、非常に重要だ。天然の麻薬を売る事により、不法な武装集団は存在しえている。しかし一般の戦闘員らは、天然ものではなく、非常に早くハイな状態にしてくれるアンフェタミンのような、もっと安い合成麻薬を使う。

麻薬取引以外に、今日、さらにもう一つ、テロリストにはビジネス・チャンスが生じた。原油の密輸である。プーチン大統領は『我々は、不法な原油を誰が売り、そして誰が買っているか知っているが、そうした輩には、制裁が導入されていない』と指摘した。

原油の密輸から何千万ドルもの収益を得ることで、テロ組織は、戦闘員のみならず、心理学の専門家をも、リクルートする事が出来ている。そうしたスペシャリストが、多くの人にとって危険な心理操作のテクノロジーを開発しているのである。そうしたテクノロジーは、心理的に不安定な人々を『IS』の部隊に引き込むために用いられ、そうして集められた人々は、ただで(給料も払われずに)戦い、吹き込まれた理想のために死んでゆく。そうしたリクルートは、ロシアのみならず、西欧の国々でも行われている。ゆえに、この現実の恐ろしい脅威に対抗するために、我々は、知的な力、そして実際的な力を一つにまとめなければならない。

タグ
テロ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント