17:11 2018年09月22日
ツォイ・ペデ、「死者の街」

チェチェン、最高の人気観光地は「死者の町」

© Sputnik / Said Tsarnayev
ロシア
短縮 URL
0 32

ロシアのチェチェン共和国で今年最も人気の観光地となったのは首都グローズヌィと、カフカスでも中世の大墓地、ツォイ・ペデ、またの名を「死者の街」。リアノーボスチ通信が情報センター「トゥル・エクス」のエリーナ・バターエヴァ所長の声明を引用して報じた。

チェチェンには現在、ハイキング、馬術タイプあわせて16の観光ルートが存在する。

バターエヴァ所長によれば、2015年初めから現在までにチェチェン共和国を訪れた観光客はおよそ2万人。内訳はロシアのみならずオーストリア、独米伊エジプト、インド、ギリシャ、イスラエル、韓国、中国、仏。

今年までの間にチェチェンを訪れる観光客の数は徐々に増えている。2011年では7.5千人だったのが2013年にはすでに3万5千人に達し、2014年は5万人だった。

タグ
観光, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント