11:46 2018年11月21日
仏風刺画雑誌「シャルリ・エブド」

露大統領報道官、A321墜落を揶揄した「シャルリ・エブド」風刺は冒涜

© Sputnik / Anton Denisov
ロシア
短縮 URL
ロシア機エアバスA321墜落 (67)
2181

ペスコフ大統領報道官は、仏風刺画雑誌「シャルリ・エブド」がエアバス321墜落の悲劇を風刺したことについて、冒涜であり民主主義とは無関係との見解を表した。

「わが国では、一刀両断に言えば、これは冒涜だ。これは民主主義とは何の関係もない。自己表現でもなんでもない。これは冒涜だ。」

ペスコフ報道官は、同僚とともにテロリストに殺された「シャルリ・エブド」の社員を揶揄した風刺画を探そうとしたが、「見つけられなかった。だがこうした絵が発表されていたとすれば、これもまた冒涜だ」と語気を強めた。

「少なくともロシアではこう呼ばれている。私はフランス人の道徳感を裁く気はない。こうしたことはおそらく彼らがすべきことだからだ。だが我々の国ではこれは冒涜とみなされる。」

「こうした出版社はおそらくわが国の社会システムでは、我々のような多民族、多宗教の国の中では全く活動の場を見つけられないだろう。」

トピック
ロシア機エアバスA321墜落 (67)
タグ
フランス, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント