10:03 2017年02月26日
東京+ 9°C
モスクワ-4°C
    ラヴロフ外相

    ラヴロフ外相:「ロシア軍機スホイ24をめぐる出来事は、計画された挑発行為に似ている」

    © Sputnik/ Eugene Odinokov
    ロシア
    短縮 URL
    トルコ国境付近でロシアのSu24が墜落 (116)
    93569513

    セルゲイ・ラヴロフ外相は、マスコミ代表を集め、ブリーフィングを行っている。

    ラヴロフ外相ー「ロシア軍機スホイ24をめぐる出来事は、計画された挑発行為に似ている。」

    「ロシア政府は、スホイ24をめぐる事件の前も後も、緊急連絡がトルコ側からなされなかったことに、大きな疑問を持っている。」

    「トルコの外相は自分に、トルコ政府はロシア機を撃墜する事について知らなかったと伝えた。」

    「トルコ外務省は「トルコ政府はロシア軍機スホイ24に対する行動を米国と打ち合わせたのか」という問いに答える事が出来なかった。」

    ラヴロフ外相ー「私は、スホイ24型機がIS(イスラム国)の油田を攻撃後、シリアで撃墜された事にトルコの外相の注意を促した。」

    「ロシア政府は、緊急連絡ラインが、トルコ側により、スホイ24をめぐる出来事の前も後も、使われなかったことに大きな疑問を抱いている。」

    「トルコの外相は、ロシア政府との友好的関係維持を目指したいというトルコ政府の意志を保障した。」

    「ロシア軍機スホイ24が撃墜された地区には、戦闘員が活動しているばかりでなく、テロリストらのインフラ設備もある。」

    「ロシア政府は、合意を真剣に評価し直し、トルコとの関係を見直すことになるだろう。」

    ラヴロフ外相ー「ロシアはトルコと戦火を交えるつもりはない。」

    「ロシア政府は、トルコの製造業者や輸出業者向けに諸問題を人為的に創り出したいとは思っていない。」

    「私は、トルコとの関係に関する諸提案をプーチン大統領に提出する。」

    「ロシア外務省はロシア国民に対し、トルコへの渡航を控える勧告を出した。これはトルコにおけるテロの脅威度の客観的評価に基づいたもの。」

    「Su24機のカタストロフィーについてNATO事務総長の声明はNATOの全加盟国との合意がとれたものではなかった。協議ではトルコを名指しするえこひいきのない評価も聞かれた。」

    「ロシアはトルコとのコンタクトをやめることはない。外相間の電話会談がその証拠だ。」

    「ロシア側には、現段階ではトルコを訪問する計画も誰かをこちらに受け入れる計画もない。」

    「トルコ外相はロシア外相との二国間対話が国際的な行事のフィールドで行われることに期待を表した。」

    ラヴロフ外相ー「テロリストらはシリアやその他の国でのテロ行為を準備するため、トルコ領を利用している。」

    「トルコ領内にはテロの脅威を引き起こす現象があまりに多く蓄積された。」

    「ロシアは、武装戦闘員の物質的支援を塞ぐため、トルコとシリアの国境を封鎖しようというオラド氏の提案を支持し、措置を講じる構えだ。」

    「ロシアはSu24のルートについて、客観的官制データーをパートナーらに提出する構え。」

    「トルコ側の出すSu24に関する論拠は、れっきとしたアナリストや政治家の信用を呼ぶものではない。」

    トピック
    トルコ国境付近でロシアのSu24が墜落 (116)
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      blue-dragon
      さすがロシア!アメリカとは違います。つーか、あんな自作自演テロ支援国家アメリカと一緒にするなー。ですか。w
    • しばらくは来ないと思っていたけど、言いたくなったから来たよ

      誰が本当の敵かわかっただろ?
      NATOはトルコの立場を支持したそうだ。つまり、自由シリア軍が存在する限り、欧米との協力は有り得ないということだ。よって、今までのISへの空爆は、場合によっては単に欧米を利していた、ただそれだけのことでしかなかった。むしろ逆に考えたほうがいい。ISの存在は欧米への牽制とね
      今回の件で、エジプトの旅客機墜落は、やはり諜報機関が関与しているという私の自説、少しは信用してもらえたかな?
      つまり、ロシアをISに嗾けるために二虎競食の計だったと。
      ドイツ人は笑っていたよ。「ISとロシア・・・、邪魔者同士でつぶしあってくれ」とね

      ではバイバイ

      後誤解のないように言っておくけど、ドイツ人のニュースキャスターが笑ってただけだから
      ロシアに危害を加えたがっている勢力なんて五万といるしな

      今日たまたま見てしまった日本人ニュースキャスターの心の内からはロシアが制裁の解除を望んでいるという心理的状態に付け込んでIS打倒にロシアを利用しようという心の内が透けて見えたよ

      おたくは利用されているんだよ。早く気づけ

      アメリカがアサド政権を打倒するためにISを利用したようにロシアもEUに難民を送るためにISを利用するほうが賢明というものと私は思うがね

      タンクローリーを破壊していない時点で、アメリカのスタンスというものがよくわかるじゃないか?

      利用できるものは利用する、この日本という国が私を利用したようにね
    • unimaro unimaro
      ラブロフさんはトルコ外相と連絡を絶やすことはできない立場と現況において。
      で、
      今回の会話でラヴロフさんはどう感じたろう?
      トルコ外相は、このような件を予測すらできなかったのか?
      つまり大統領とダーイシュ利権者ども+軍部の暴走なのか?政権あげての計画的暴走なのか?
      トルコ人資質とトルコ大統領の精神異常資質、を考えても、どちらかわからない。
      首相(別記事)の発言は、「領空侵犯という理由で押し切れ」という感じのみだ。
      パペットオバマはアメリカネオコンの暴走を止められない。一部米軍の冷静な正しい軍人らしいリアリストたちも、何もできないでいる。
      まともな者たちは、今回の件がどれほど愚かな行為なのか苦笑するしかないだろう。
      前回のトルコの国政選挙でエルドリアン(だっけ?)の党が大勝した。それが先に何がどうなるのか?を対して予測しなかった。まわりを天秤にかけて翻弄して喜ぶようなイカレな小国の小物に興味は起きなかった。しかしこれほど愚かなことを、周りが許すとも追随するなどと想像の埒外である。勿論トルコがアメ公などと一緒に、シリアへ陸上進行するとは思っていたし今も思っているが、今回の件ほど愚かすぎることをやらかすなどと、まともな脳を持っいる者はどうやったって思いもつかない。
      今回のメリットは何だったんだ?トルコにとって、いやエルドリアンにとって?
      ダーイシュ側にほんの一瞬、トルコがダーイシュのために戦った、と思わせるだけ、でしかなかったろう。
      そんなこと、意味の無いことだ。
      虎の尾を踏んだ、だけだ。
      そして「俺は虎の尾を踏めたぜ?!!」といいきになっていた馬鹿ガキが、虎に反撃を受ける寸前が、←今ココ、ってなものだ。
    • avatar
      tanaka masayoshi
      トルコはアタトゥルク時代からユダ金側の国。やはり隠れユダヤ教徒のエルドリアンが、米のシオニストの指示とおり動くのは、当然のこと。私は、ロシアと中国を支持してます。日本なさけないよな~
    新しいコメントを読む (0)