12:29 2018年07月21日
スホイ24パイロットの遺体 29日にアンカラに搬送、その後ロシアへ移送

スホイ24パイロットの遺体 29日にアンカラに搬送、その後ロシアへ移送

© Sputnik / Jurij Sorokin
ロシア
短縮 URL
トルコ国境付近でロシアのSu24が墜落 (116)
1100

シリアで撃墜されたロシア機スホイ24のパイロット、オレグ・ペシコフ氏の遺体が29日、トルコの首都アンカラに搬送され、その後、ロシアへ移送される。リア・ノーヴォスチが、在トルコ・ロシア大使館の情報として伝えた。

在トルコ・ロシア大使館・広報担当のイーゴリ・ミチャコフ氏は、リア・ノーヴォスチ通信に、次のように語った-

「今日(29日)、ハタイ(トルコ南部)からアンカラにロシアの英雄オレグ・ペシコフ氏の遺体が届けられる。飛行中は大使館付き武官がペシコフ氏の遺体に付き添い、アンカラの空港では、大使と大使館の代表者たちが遺体を迎える。パイロットの遺体がロシアへ移送される日時は、確認中だ」。

先にトルコのダウトオール首相は、モスクワ時間で29日2時45分に、死亡したロシア人パイロットの遺体がシリア領内からトルコ当局に引き渡されたと発表した。首相はまた、遺体はロシア側に引き渡されると述べた。

ロシア・トルコ関係は、火曜日シリアでロシアのスホイ24爆撃機がトルコ側により撃墜された事件の後、危機的状況となっている。24日、ロシア機スホイ24が、シリアで墜落した。ロシアのプーチン大統領は、ロシア機について、シリア上空でトルコのF-16戦闘機の「空対空」型ミサイルによって撃墜され、トルコとの国境から4キロのシリアで墜落したと発表した。プーチン大統領は、テロリストの共犯者たちによる「裏切り行為だ」と指摘した。ロシア国防省の声明によると、パイロット1人は脱出して降りる最中に地上から攻撃されて死亡、またパイロットの救助作業を行っていたヘリコプター「ミル8」も攻撃され、作業に参加してした海兵隊員1人が死亡した。

トピック
トルコ国境付近でロシアのSu24が墜落 (116)
タグ
シリア, トルコ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント