05:11 2019年11月22日
黒海艦隊に「カリブル」ミサイルを搭載した2隻が加わる

黒海艦隊に「カリブル」ミサイルを搭載した2隻が加わる

© Sputnik / Max Vetrov
ロシア
短縮 URL
0 201
でフォローする

汎用ミサイル複合体「カリブルNK」を搭載した小型ミサイル艦「ゼリョーヌィ・ドール」と「セルプホフ」がロシア黒海艦隊に加わった。セヴァストーポリが常駐基地となる。同艦隊のアレクサンドル・ヴィトコ司令官が記者らに述べた。

「2隻は今日、軍事配備された。これまで水上艦は戦術用途のみだったのが、今後は機動目標もこなせるようになった。2隻の軍事的能力はカスピ海において全世界に証明されている。これが今度は黒海艦隊に登場したのだ」とヴィトコ氏。

21631号計画型小型ミサイル艦「グラード・スヴィヤシュスク」「ウグリチ」「ヴェリーキイ・ウスチュク」は既にカスピ海艦隊に配備されている。シリアのテロリスト拠点に長距離巡航ミサイル「カリブルNK」を発射したのはこれら艦船である。「ゼリョーヌィ・ドール」と「セルプホフ」は現代版「ブヤンM」シリーズの第4および第5艦である。同シリーズの小型ミサイル艦はさらに4隻が様々な段階で準備中である。

タグ
ロシア軍, 黒海, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント