14:48 2017年10月24日
東京+ 17°C
モスクワ-3°C
    戦車T-14「アルマータ」

    T-14、Tu-160、「ウラジーミル・モノマフ」などロシアは陸空水中で軍事力を強化

    © Sputnik/ Mikhail Voskresenskiy
    ロシア
    短縮 URL
    0 1371160

    ロシア国防省は同省の公式サイトに今年一年に行なわれた作業の報告書を発表した。報告書には今年ロシア軍に装備された軍事機器の一覧も付されている。

    ロシア軍は2015年、全ての方向性で刷新が進んだ。ロシア軍がこれほど本格的な再軍備を行なったのは史上初めて。

    新型戦車はロシア製の最新戦車T-14「アルマータ」を含む1172台、飛行機は戦略爆撃機Tu-95 MS2機や軍事航空隊史上最強の超音速爆撃機「ベールィ・レーベジ(白鳥)」3機をはじめとする航空機250機が新たに加わった。

    超音速戦略爆撃機「Tu-160」
    超音速戦略爆撃機「Tu-160」

    ロシア戦略ロケット軍では大陸弾道ミサイル「ヤルス」を搭載した6つのミサイル連隊が戦闘任務体制につけられた。その発射装置の95%が常時戦闘態勢をとっている。

    大陸弾道ミサイル「ヤルス」
    © Sputnik/ Vladimir Fedorenko
    大陸弾道ミサイル「ヤルス」

    海軍の戦略核軍備も強化された。ミサイル潜水巡洋艦「アレクサンドル・ネフスキー」と「ウラジーミル・モノマフ」の2隻が加わった。

    現在、新型弾道ミサイル35基がロシアの警備に配備されている。核軍備の最新兵器による装備率は55%に達している。

    ミサイル潜水巡洋艦「ウラジーミル・モノマフ」
    © 写真: CDB ME “Rubin”
    ミサイル潜水巡洋艦「ウラジーミル・モノマフ」
    タグ
    武器・兵器, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント