01:39 2017年07月27日
東京+ 23°C
モスクワ+ 27°C
    ロシアの旅客機MS-21 来年春にお披露目

    ロシアの旅客機MS-21 来年春にお披露目

    © Sputnik/ Alexey Kudenko
    ロシア
    短縮 URL
    11007161

    ロシアの短・中距離旅客機MS-21のお披露目は、2016年上半期に行われる。MS-21を開発しているロシアの「統一航空機製造会社(UAC)」の関係筋が、「イズヴェスチヤ」紙に語った。

    UACのロクチノフ広報担当は、「ウリヤノフスクにある『アエロコンポジット』社では、MS-21用の複合材主翼の組み立てが終わろうとしている。この複合材主翼は、真空注入の革新的な技術で製造されている」と伝えた。なおロクチノフ氏によると、翼のような大きな部位を製造する際に、このような技術が用いられるのは世界で初めてだという。

    MS-21は、1993年に開発されたYak-242を基盤に短距離および中距離旅客機として数タイプが開発されている。主要タイプは、MS-21-300で座席数は、180席、MS-21-200は、150席、MS-21-400は、212席。

    なお、現代ロシアで製造が開始されたロシア唯一の旅客機「スホイ・スーパージェット100」は地域旅客機で、座席数は108席。

    タグ
    ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント