10:09 2020年07月10日
ロシア
短縮 URL
0 241
でフォローする

クールスクの11歳の少女アンナ・アブラモワさんは、プーチン大統領から、ウンディーナという名のメスのラブラドル犬の子犬を贈られた。

31日木曜日、クールスク市議会報道部が伝えた。

クールスク市議会報道部によれば、アンナさんは、長らく犬が欲しいと夢見てきた。しかし家は母子家庭で、小学校の先生の母タチヤナ・アブラモワさんは、娘と息子を育てるのに精いっぱいで、とても子犬を買う余裕がなかった。そこでアンナさんは、大統領に宛てて自分の願いを手紙に書き、9月にそれを投函した。

生後三か月のラブラドル・レトリーバー犬は、大晦日の今日、アブラモワさんの家にやってきた。

 

 

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント