01:33 2018年07月17日
モスクワ 電車にひかれそうになった犬を救出し、特務隊員死亡

モスクワ 電車にひかれそうになった犬を救出し、特務隊員死亡

© Flickr/ VirtualWolf
ロシア
短縮 URL
1100

モスクワで、電車にひかれそうになった犬を救出した特務部隊員が亡くなった。彼は、即応部隊の隊員で、ノヴォギレーエヴォ駅のプラットフォームで瀕死の重傷を負い、病院で治療を受けていた。

フレンチブルドック
© Sputnik / Yevgeniya Novozhenina
4日犬が、線路上に転落したが、折悪しくその時、電車が近づいてきた。特務隊員のコンスタンチン・ヴォルコフ氏(31歳)は、それを見て、犬を救おうと決心した。そして彼は、犬を助け上げたが、彼自身は重傷を負った。すぐに病院に運ばれたが、医師達は彼を救う事が出来なかった。

亡くなったヴォルコフ氏の同僚達によれば、彼は、何度も戦闘に参加した経験があり、以前は内務省特務部隊の一員で、アカネ色のベレー帽をかぶる栄誉を持つ隊員だった。

関連:

犬の町長 米大統領選挙に出馬の意向
学説:古代、犬は猫に似ていた
ロシアの映画監督、犬の目を通じてホロコーストを描く
タグ
動物, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント