07:15 2018年07月21日
ロシア地上軍部隊 5年間で5千以上の新型兵器を受け取る見込み

ロシア地上軍部隊 5年間で5千以上の新型兵器を受け取る見込み

© Sputnik / Alexandr Kryazhev
ロシア
短縮 URL
0 191

ロシア連邦軍地上部隊の戦闘員達は、今後5年の間に、5千以上の新型、そして約6千の改良型の装甲兵器及び軍事車両を受け取る事になる。火曜日5日、地上軍の総司令官オレグ・サリュコフ大将は、このように伝えた。

昨年2015年、地上軍の兵団や部隊は、2500を超す兵器や軍事車両の基本モデルを受け取る計画だった。

サリュコフ大将は、次のように伝えた-

「2020年までには全体で、5千を超す新型の、そして約6千の改良型の装甲兵器や軍事車両を買い付ける計画だ。またおよそ1万4千の近代的な自動車も買われるだろう。

今年2016年、地上軍部隊には特に、中距離地対空ミサイルシステム『ブークМ3』の最初の一組の供給が計画されている。」

 

 

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント