13:09 2018年09月25日
ジャートロフ峠の呪い、今もツーリストらに付きまとう

ジャートロフ峠の呪い、今もツーリストらに付きまとう

© Sputnik / Chepiga
ロシア
短縮 URL
113

ジャートロフ峠の向こうで遺体が見つかった男性は天候に準備が出来ていない状態でジャートロフ一行の死の状況を調査していた可能性がある。「ジャートロフ一行記念」基金のユーリイ・クンツェヴィチ代表がテレビ放送「ズヴェズダ」の放送の中で述べた。

「報道によれば、秒速30mの風が吹き、気温はマイナス30度だった。これが組み合わさると、体感はマイナス50度だった。寒気で肺が火傷し、血が凍ったのだ」と同氏。

10日、ジャートロフ峠の向こうでツーリストらが50歳年配の男性の遺体を発見していたことが分かった。のち、男性の属していた旅行社グループとの連絡が途切れていたことが判明。予定では、ツーリストらは17日に帰るはずだった。発見現場に救助隊が向かおうとしているが、現時点では天候のため果たせないでいる。

北ウラルに属するこの峠でソ連時代の1959年、イーゴリ・ジャートロフをリーダーとするスキーツーリスト・グループの9人が死亡した。原因は今もって不明。峠にはのち、ジャートロフの名が付けられた。

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント