17:11 2020年08月15日
ロシア
短縮 URL
トルコ国境付近でロシアのSu24が墜落 (116)
0 330
でフォローする

ロシアの爆撃機Su-24を撃墜しながらロシアに対し説明を試みず、NATOの保護を求めたトルコの行動は、トルコ自身にとって屈辱的であり、いささか奇妙なものに見える。プーチン大統領が独紙ビルトのインタビューで述べた。

「トルコ指導部は、テロリストらに攻撃を行っていた我々の爆撃機を撃墜するという軍事犯罪を犯しながら、ロシアに対し説明を試みず、保護を求めてNATO本部に駆け込んだ。これは非常に奇妙に見えることだし、トルコにとって屈辱的なことに思える」とプーチン大統領。

プーチン大統領は、トルコとの間に起こった問題は、トルコがNATOの一員であることとは無関係である、と述べた。

「トルコはNATOの一員だ。しかしこの一件はそのこととは無関係だ。誰もトルコを攻撃したわけではないのだ」とプーチン大統領。

「繰り返すが、NATOは攻撃に対して加盟国を守るものだ。しかしトルコを誰も攻撃はしていない。トルコに世界のどこか、近隣諸国における利害関係があったら、NATOはそれを保護し、その利益を保障しなければならないとでもいうのか?ドイツなどNATOの他のメンバーが、トルコが近隣領域を獲得する手助けをしなければならない、などと?」とプーチン大統領。

トピック
トルコ国境付近でロシアのSu24が墜落 (116)
タグ
NATO, ウラジーミル・プーチン, トルコ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント