05:40 2018年11月15日
ロシア国防省公式報道官のイーゴリ・コナシェンコフ少将

ロシア国防省、ロシア機によるトルコ領空侵犯を否定

© Sputnik / Alexander Vilf
ロシア
短縮 URL
対「イスラム国」シリアにおけるロシア軍事作戦 (231)
6220

トルコ政府は「ロシア機がトルコ領空を侵犯した」と発表したが、ロシア国防省はこれを否定している。

同省イーゴリ・コナシェンコフ報道官は土曜、ロシアのマスコミに対し「シリア入りしているロシア機によるトルコ領空侵犯は全くない。ロシア機Su-34が領空侵犯した、とのトルコ政府の発表は露骨なプロパガンダだ」と述べている。

コナシェンコフ報道官は以下のように述べている。

「領空監視役のレーダーは航空機の高度、進路、速度しか特定できず、国籍は判別できない。それがロシアのものか、米国率いる反ダーイシュ(IS、イスラム国)有志連合のものかは分からない。そのことはトルコの対空防衛専門家も分かっているはずだ」

「それが分かるとしたら、別の航空機が直接視認したということになるが、別の航空機などなかった」

「その上、レーダーで発見した当該機にロシア語と英語で警告しただの何だのと言う人がいたとしたら、その人はハリウッドの戦争映画を見過ぎた、無教養なプロパガンディストに違いない」

「ロシアがシリアに展開する対空防衛システムも、シリアの領空監視レーダーも、いかなるシリア―トルコ国境侵犯も認めなかった、と断言できる。しかもトルコとロシア機の間には声によるコンタクトは大分前から行われていないのだ」

トルコ外務省は先に、金曜、ロシアの爆撃機Su-34がトルコ領空侵犯を行った、と発表していた。

ロシア機に対しては英語とロシア語で警告がなされたが、同機はガジアンテプ州上空に20-25秒とどまり続けたという。

トピック
対「イスラム国」シリアにおけるロシア軍事作戦 (231)
タグ
ロシア国防省, ロシア軍, シリア, トルコ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント