13:01 2018年06月18日
ロシア連邦保安庁 モスクワとペテルブルグで「ダーイシュ(IS)」のテロを未然に防止

ロシア連邦保安庁 モスクワとペテルブルグで「ダーイシュ(IS)」のテロを未然に防止

© Sputnik / Vitaliy Belousov
ロシア
短縮 URL
1190

ロシア連邦保安庁は、モスクワ、サンクトペテルブルグ、ウラルでテロを計画していた、テロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」のメンバー7人を、ロシア中央部ウラル連邦管区のエカテリンブルグで拘束した。ロシア連邦保安庁の広報センターが8日、発表した。

連邦保安によると、拘束されたのは、ロシア人と中央アジア諸国の出身者で、全員がロシアで活動が禁止されている「ダーイシュ」のメンバー。

連邦保安庁の発表によると、拘束された7人は、「モスクワ、サンクトペテルブルグ、ウラル連邦管区のスヴェルドロフスク州で、即席爆発装置を使って、印象づけるためのテロ」を準備していたという。

ロシア連邦保安庁のデータによれば「トルコから来たテロリストが、彼らの指揮をした。テロ行為の後、拘束された輩は『ダーイシュ(IS,イスラム国)』のメンバーとして戦闘行為に参加するため、シリアに出国する計画だった」との事だ。

タグ
テロ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント