11:53 2018年06月21日
ハッカー ウイルスを使ってルーブル・レートを15%以上変動させる

ハッカー ウイルスを使ってルーブル・レートを15%以上変動させる

© Sputnik / Anton Denisov
ロシア
短縮 URL
559

Group-IBが、自社のサイトで公表したところでは、ロシアのハッカー集団が、地方銀行の安全システムに侵入し、ウイルスを使って、取引市場でルーブル・レートを15%以上も変動させていた。

Group-IB社の調査及びサイバーインテリジェンス・サービス課のドミトリイ・ヴォルコフ課長が、新聞「ロシア・ビジネス・コンサルティング」に明らかにしたところでは、被害に遭ったのは、カザンのエネルゴ銀行だ。

ハッカーらは「コークトロヤン(Corkow Trojan)」という名のウイルスを使った。ハッカーらの行為により、6分間レートが大きく変動し、1ドル59,0560ルーブルだったものが、51秒後には62,3490ルーブルになったという。

タグ
ハッカー, ルーブル, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント