12:41 2018年11月14日
モスクワの公共広告にオバマ大統領の写真起用

モスクワの公共広告にオバマ大統領の写真起用

© AFP 2018 / Saul Loeb
ロシア
短縮 URL
11222

モスクワの公共交通機関にオバマ米大統領の肖像が印刷された禁煙を促す公共広告が出現した。

「喫煙はオバマよりも多くの命を奪う。もっとも彼も多くの人命を絶ったのだが。禁煙しよう、オバマになるな」と広告には書かれている。

​この異様な広告は瞬く間にネット上で流通し様々な反響を呼んだ。こうした広告に不快感を覚える人も少なくない。

広告制作者は今のところ明らかにされていない。

モスクワのメディア・広告当局ではポスターは違法に配置されているため取り除かれると伝えられている。適切な届け出が捜査当局に出される予定だ。

オバマ大統領が2009年にはすでに禁煙していることは注目に値する。大統領は2013年のインタビューで「妻が恐い」のでもう6年も禁煙していると発言している。

タグ
バラク・オバマ, モスクワ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント