18:11 2020年02月21日
ロシア
短縮 URL
1234
でフォローする

クリミアの首長セルゲイ・アクショーノフ氏は、現代のロシア連邦を示す際に「ロシア」「ルーシ」の呼称を用いることを禁じるウクライナ議会の法案にコメントした。

法案提出は2015年夏。起草者は「急進党」のオレグ・リャシコ議員とオクサーナ・コルチンスカヤ議員。法案によると、ウクライナ領土の歴史的呼称は「ルーシ」であり、その派生形の「ロシア」である。そのため、それらをロシア連邦の公式の同義語として使用することは、ウクライナ国家の「臨時性」を攻撃的な形でウクライナ市民に思い出させることになる。

アクショーノフ氏はシンフェロポリで記者団に対し、立法府のレベルでロシアの改名に関する法律を検討しようというウクライナの動きはコメントの対象にならない、「我々はウクライナをロシアに改称する用意がある」と語った。

関連:

イラン クリミアで石油採掘への投資を望む
ドイツの党代表団 クリミアにドイツ代表部開設を提案
タグ
ウクライナ, クリミア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント