21:47 2021年01月16日
ロシア
短縮 URL
0 150
でフォローする

ロシアがアルメニアのエレバンにある空軍基地に戦闘機を配備し軍備を強化した。新たに配備されたのは第4世代戦闘機MiG-29とモデルチェンジされたMiG-29Cと輸送用ヘリのMi-8MTだ。ロシア南部軍管区の広報が20日に発表した。

「間もなく最新鋭の第4+世代の戦闘機と輸送ヘリのMi-8MTがエンジニア・技術隊員によって組み立てられ活動を開始する。パイロット部隊による飛行の開始は3月中旬を予定している」と広報は伝えた。

タグ
武器・兵器, ロシア軍, アルメニア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント