00:56 2018年09月23日
ロシアのノヴァク・エネルギー相

ノワク・エネルギー相:市場のバランスの観点からは50ドルという原油価格が最適

© Sputnik / Aleksey Nikolskyi
ロシア
短縮 URL
330

ロシアのアレクサンドル・ノワク・エネルギー大臣は、原理的に原油価格がバレル当たり 50-60ドルを超えることはあり得ないと述べた。

原油価格が 60ドルを超えると石油部門の投資が活発になり、様々なプロジェクトが実現され、それが投資と生産数量の減少につながり、価格が再び低下する。そのため、需給バランスの観点から最も適切なのは、バレル当たり50ドルという価格だ。

生産量の凍結に関する合意が結ばれた場合、原油価格にどのような影響が出るかについての質問に対して、ノワク氏は、「市場自身が反応すべきで、政府が市場に働きかけることはできない。市場が供給過剰の減少を感じとったら、市場自身がそれに反応するだろう」

関連:

ロシア 原油採掘凍結提唱者の名を挙げる
エクアドル大統領、原油 価格は200ドルになると予測
サウジ、産油縮小を拒否
タグ
石油, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント