23:38 2018年09月18日
ケルソネソス・タウリケ

ユネスコ、クリミアの史跡ケルソネソス・タウリケをロシアのものとは認めない

© Sputnik / Vladimir Astapkovich
ロシア
短縮 URL
1012

ユネスコはクリミアの史跡ケルソネソス・タウリケがロシアの管轄下にあると認めることを拒否した。ロシアのエレオノーラ・ミトロファノワ・ユネスコ大使が述べた。

「ウクライナは、この文化遺産はウクライナに属し、いかなるロシアの法律も適用されはしない、との立場だが、既成事実として、そうなってはいない」

ロシアの管轄下に移ってからも史跡は資金を得、修復が行われている。管理者は定期的にユネスコにレポートを送っている。

ケルソネソス・タウリケは クリミア南西部のヘラクレス半島にある、古代ギリシャ人の都市。 2013年、ユネスコの世界遺産リストに登録された。

関連:

チェコでクリミアをロシア領とする地図が
ドイツの党代表団 クリミアにドイツ代表部開設を提案
タグ
ユネスコ, 国連, クリミア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント