23:26 2021年04月15日
ロシア
短縮 URL
240
でフォローする

ロシア南部ロストフ・ナ・ドヌーの空港で墜落したボーイング機のブラックボックスを解析した結果、旅客機について2人のパイロットの間で意見が分かれていたことが分かった。この意見の相違が墜落原因となった可能性がある。

ロシア紙コメルサントが、調査に近い関係筋の話として伝えたところによると、ブラックボックスを解析した結果、旅客機のパイロットは滑走路まで6キロの時点で、着陸せずに2回目の旋回をすることに決め、自動操縦装置を解除し、自ら操縦桿を握った。

しかし何らかの理由によってこのパイロットは、ボーイング737-800型機は、手動操縦で着陸体勢から上昇体勢に移行する際、(自動操縦の場合のように)滑らかには上昇せず、戦闘機体勢で急激に上昇するという事実を考慮しなかった。

旅客機があまりにも鋭い角度で上昇した時、速度が低下し始めた。争いはその時に起こった。パイロットは操縦桿を手前に引っ張り続け、別のパイロットは「待て!とんでもない!止めろ!」と叫びながら、自分の操縦桿を前に押し始めた。結果、旅客機のコンピューターは2つの操縦桿から異なる信号を受け取りはじめ、旅客機のコントロールが失われた。

ブラックボックスの記録によると、パイロットたちは旅客機が墜落すると感じた時に互いを理解したが、もうその時には何かを変えることはできなかった。航空機が時速325キロの速さで地面に向かった時、彼らはただ恐怖と絶望から叫んだだけだった。

今のところ、その時に誰が操縦し、ミスを犯したのかは分かっていない。2人の声はとてもよく似ており、会話の中で役職名や名前は述べられていないという。

事故を起こしたのはアラブ首長国連邦の格安航空会社フライドバイFZ981便のボーイング737-800型機。同機はドバイからロストフ・ナ・ドヌーに向かっていた。ボーイング737-800型機は3月19日午前、ロストフ・ナ・ドヌー空港で墜落し、乗客55人、乗員7人の計62人全員が死亡した。

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント