14:24 2017年03月29日
東京+ 13°C
モスクワ-3°C
    モスクワの道路

    日本大使館の車 モスクワ市電の運行をストップ 通りは大渋滞

    © Sputnik/ Evgeny Biyatov
    ロシア
    短縮 URL
    61030319

    モスクワのポクロフスキイ並木通りで、正しくない形で駐車された乗用車のせいで、市電の運行がストップした。問題の車は、日本大使館ナンバーを付けたアウディで、市電の線路のすぐわきに駐車したため、正常に電車の車両が進めなくなった。そのため、並木通りでは長い渋滞が生じた。12日、LifeNewsが伝えた。

    現場には、市の担当職員とレッカー車が向かった。

    タグ
    ロシア, モスクワ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      catss4
      恥ずかしいことですね
      謝罪なし?
    • unimaro unimaro
      日本に滞在してみれば判る通り、日本人は違法駐車することをさほど気にしない。気にするのは「捕まるかどうか?」だけで、それが迷惑になるかなどとは考えることすらしない。その程度まで馬鹿化が進行している。
      多分、この記事の件も、そのバカさの表面化だろうが、、、、
      でも、もしかしたらロシア駐在日本人の中に「アメ公工作員と化した日本人」が多数いるのかもしれない。
      大多数の日本人は「つまらないいやがらせ」を、それと意識しなくとも「天然」で常に行うことをしている。たとえば、今回のケースも本の数メートルずらせば問題なかったかもしれない、が、その数メートルで「いやがらせ」ができるのならば、そちらを選ぶ「天然性」があるのだ。「反ロシア」と刷り込まれた工作員は、それを日々天然で行い、ロシア人たちに嫌がらせを行っている、ということは十分にあり得る。
      人間として正しい世界基準、を知って、そのうえで今の日本人を理解できている私ならば、このようなことは「あっても、不思議でもなんでもない」と結論できる。
    • avatar
      junobejp
      日本大使館の劣化は酷いそうですね。 貴国にもご迷惑をおかけして申し訳ありません。
      ▼ミャンマーで後ろから銃撃されて日本大使館に逃げ込もうとしたら、日本人だと確認した上でドアを閉められた。
      my.shadowcity.jp/2015/02/post-6480.html
      ▼大手新聞社で記者をしていた知人は、かれこれ20年以上前から海外で何らかのトラブルに見舞われたとき、日本大使館が動いてくれたことは唯の一度もなかったと言っていた。いつだって、見るに見かねた他国の大使館が手を差し伸べてくれたそうだ。この国は、そういう国だという覚悟が必要らしい。
      twitter.com/asanonami/status/561673861419110401
      ▼亡くなった俳優の三船敏郎さんもおっしゃっていました。「日本の大使館も外務省も何もしてくれない」と。大使館員も外務省官僚も事が起きても全く対処出来ない無能にも関わらず、傲慢なエリート意識だけは人一倍持っているどうにも使えない連中だ。
      twitter.com/7050022/status/561700181486206977
      ▼僕も長い間、海外に住んでましたが、そこで会った多くの人たちは同じことを言ってました。日本大使館だけは信用するなと。
      twitter.com/ApocalypsisJoha/status/561848175275700225
    • avatar
      竹田 明彦
      外務省は「ブリッジ」だけしていていていればよく、「ブリッジ省」とすればいいのです。
       個人的に貴国に陳謝します「うちのバカ息子が・・・」という具合で・・・
    • avatar
      bokebokeboya
      もろ日本の恥、いい迷惑である。
      こんな外交官は即時本国召還か、外交官資格を剥奪してロシア当局に突き出すべきである。
      首相か外相が謝罪し、日本政府が賠償するべきことは、論を待たない。
    • unimaro unimaro
      追加
      コメントに外務省は酷いってあるけど、
      そうでない人もたまには、ごくまれには、奇跡的にほんの少しはいる。
      ラッキーなことに、大昔ジンバブエの三等(だっけ?)次官(だっけ?)に良くしてもらった。また、当時のケニアの一等事務官もパッカーあがりのスゲー人だと。ちょっと時間もらえて、教えを受けたことがある。
      まぁ、皆の話を聞くと、ウリは超ラッキーが2度あったんだなぁ、、ともおもふけどw
    新しいコメントを読む (0)