16:56 2018年11月13日
クリル諸島

平和条約交渉の前進は、日本が戦争の結果を認めなければ不可能‐露外務省

© Sputnik / Cheprunov
ロシア
短縮 URL
12155

平和条約のテーマに関する前進は、日本が戦後の歴史的事物を認めなければ不可能だ。14日、ロシア外務省が、15日に予定されているラヴロフ外相の日本訪問を前に発表した。

ロシア外務省は、次のように強調している‐

「閣僚会談では平和条約に関する交渉プロセスのテーマに触れられるだろう。ロシア側は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領と日本の安倍晋三首相の要求に従い、この問題に関する協議を外務次官レベルで続ける用意がある。なお、同問題の前進は、日本が戦後の歴史的事物を認めなければ不可能だという立場を堅持している。」

また外務省の声明では、ラヴロフ外相の訪問は「実施について先に合意した今後のハイレベルコンタクトの充実した準備」を目的としていると述べられている。

関連:

ラヴロフ外相:ロシアは露大統領訪問の具体的な時期について日本から連絡を待っている
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント