14:26 2017年03月29日
東京+ 13°C
モスクワ-3°C
    プーチン大統領

    プーチン大統領 トランプ氏とクリントン氏に優位性に関する概念を放棄するよう助言する

    © Sputnik/ Michael Klimentyev
    ロシア
    短縮 URL
    171630381

    ロシアのプーチン大統領は14日、国民との直接対話で、ロシアに対して敬意を持って接し、その優位性に関する概念を放棄する人物であれば、誰が米大統領になっても一緒に作業する用意があるとの考えを表した。

    プーチン大統領は、次のように語った‐

    「もし我々と敬意を持って話をし、我々が行っているように妥協点を探すのであれば、私たちは、我々も、そして我々のパートナーたちも満足できる解決策を常に見つけるだろう。対等なパートナーとしてロシアと作業する必要があるというだけだ。」

    さらにプーチン大統領は、「問題の根本に目を向け、力や押しつけの立場からでも、帝国的野望の立場からでもなく、自分たちの全てのパートナーと、もちろんロシアとも、敬意を持って行動する必要がある。これがなければ、現代的な民主的関係を築くのは不可能だ」と強調した。

     

    タグ
    ウラジーミル・プーチン
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • Kozi Moto
      州検事、トランプ陣営幹部を不起訴=米
      richardkoshimizu.at.webry.info/201604/article_77.html
      トランプ氏につきまとって、暴力を振るおうとした女性記者を、トランプ氏側近が排除したら訴追。さすが、コカインブッシュの地元のフロリダ。
      だが、流石に公判が維持できない、女性記者の方に不利な映像があるなどで、起訴を断念。
      ますます、トランプ氏支持が高まります。
      米国1%ユダヤ犯罪者の皆さん、大失敗ですね。
      無理に起訴すると、逆にトランプ人気を煽ってしまうとの裏社会の判断でしょうね。
      2016/4/15 07:18
      州検事、トランプ陣営幹部を不起訴=米
      www.jiji.com/sp/article?k=2016041500114&g=int
      【ワシントン時事】米大統領選の共和党指名争いの首位に立つ不動産王ドナルド・トランプ氏(69)から女性記者を強引に引き離したとして、暴行容疑でフロリダ州の警察に訴追されたトランプ氏の選対本部長コーリー・ルワンドウスキ氏(42)について、州検事は14日、証拠不十分で不起訴とした。 ルワンドウスキ氏は3月上旬、トランプ氏に歩きながら質問しようとした記者(当時)の腕を後からつかみ、トランプ氏から遠ざけたとされる。州検事は記者会見で、ルワンドウスキ氏が腕をつかんだ事実は認めながらも、記者からトランプ氏を守るための行動だったとする主張を否定できず、「起訴するには証拠が不十分だ」と説明した。
      とくお
    • Kozi Moto
      パナマ文書は「米の陰謀」=TV国民対話で弁明-ロシア大統領
      richardkoshimizu.at.webry.info/201604/article_79.html
      パナマ文書は、プーチン氏と習近平氏を叩くのが目的なのは明らかですが。
      プーチン氏本人の話ではないし、なぜ、プーチン氏の「友人」の行為でプーチン氏が糾弾されるのか、意味がまったくわかりません。プーチン氏は友人思いだから擁護していますが。
      プーチン氏、パナマ文書は「米の陰謀」であると的確に評価。正解ですね。
      「不満がくすぶる国民に対し、特番で直接弁明した格好だ。」と、ジジイ通信はいうが、不満がくすぶっているとどこで判断したのか、どこにも書いてない。w
      プーチン氏の友人が楽器を買ったら、プーチン氏が悪いんですか?
      意味不明ですよ。
      あのー裏社会さん、パナマ文書をあんまり無理に追いかけると、身内が次々撃沈しますよ。本物の犯罪者は裏社会さん側にいるのですから。安倍とか竹中とか。w
      2016/4/15 01:21
      パナマ文書は「米の陰謀」=TV国民対話で弁明-ロシア大統領
      www.jiji.com/jc/article?k=2016041400841&g=int
      【モスクワ時事】ロシアのプーチン大統領は14日、質問に答える形で国民と対話する毎年恒例のテレビ特番に生出演し、親友の音楽家によるオフショア(非居住者向け)取引を指摘した「パナマ文書」問題について「米当局者が関与した謀略だ」と主張した。  
      大統領の親友らがタックスヘイブン(租税回避地)で20億ドル(約2200億円)を取引した疑惑がパナマ文書で浮上。不満がくすぶる国民に対し、特番で直接弁明した格好だ。外敵による陰謀論を唱えることで国民の愛国心に訴え、疑惑を切り抜けたい意図が透けて見える。  
      大統領は7日、政権系集会で「(親友は)ロシアのために楽器を買っていただけ」と言い張ったが、今回も同様の説明に終始。批判がさらに広がる可能性がある。 時事通信 2016年04月14日21時13分 >外敵による陰謀論を唱えることで国民の愛国心に訴え、疑惑を切り抜けたい意図が透けて見える。 時事通信さん、民衆...
      酢味噌
    新しいコメントを読む (0)