20:16 2017年10月17日
東京+ 15°C
モスクワ+ 11°C
    放射能のサイン

    ウラジオストクで鉄スクラップから放射性危険物が見つかる

    © Flickr/ Mad House Photography
    ロシア
    短縮 URL
    1967011

    ウラジオストク港の国境検問所で税関職員が、鉄スクラップが入ったコンテナから放射線危険物を見つけた。

    税関は次のように伝えた-

    「鉄スクラップの入ったコンテナ表面の放射線量は、暫定的な評価によると、毎時3マイクロシーベルト以上で、自然放射線の35倍以上だった。」

    ウラジオストクで港の税関管理区で放射線危険物が見つかったのは、この1か月で4回目。危険物の処理は、ロシア連邦消費監督庁が決定する。

    関連:

    スペイン、放射性物質を収容したケースが盗まれる
    福島第一原発の廃炉作業 放射能のためロボットが使えず
    メキシコ、放射性物質の積載トラックがハイジャック
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント