18:47 2018年09月20日
宇宙基地ヴォストーチヌィから打ち上げられた人工星 所定の軌道へ投入宇宙基地ヴォストーチヌィから打ち上げられた人工星 所定の軌道へ投入宇宙基地ヴォストーチヌィから打ち上げられた人工星 所定の軌道へ投入

宇宙基地ヴォストーチヌィから打ち上げられた人工衛星 所定の軌道へ投入(動画)

© Sputnik / Marina Lystseva of TASS/POOL © Sputnik / Marina Lystseva of TASS/POOL © Sputnik / Marina Lystseva of TASS/POOL
1 / 3
ロシア
短縮 URL
2170

歴史上はじめて、人工衛星3基を搭載した打ち上げロケット「ソユーズ2.1a」が、2回目の試みでロシアの新たな宇宙基地ヴォストーチヌィから打ち上げられた。国営企業「ロスコスモス」が伝えた。

ロシアのプーチン大統領は、打ち上げの成功を受け、「ロスコスモス」と宇宙基地ヴォストーチヌィの建設者たちを祝福した。

打ち上げロケット「ソユーズ2.1a」の打ち上げは、モスクワ時間で4月27日05時04分(ハノイ時間で09時4分)に予定されていたが、4月28日に延期された。現在、打ち上げが延期された原因を調査するための委員会が活動している。

なお打ち上げは、モスクワ時間で05時01分(日本時間で11時01分)に予定された時間に行われた。「ソユーズ」はロシアの人工衛星「アイスト2D」、モスクワ国立大学の科学衛星「ミハイロ・ロモノーソフ」、超小型人工衛星「SamSat-218D」を軌道へ投入した。

科学衛星「ミハイロ・ロモノーソフ」は、過渡光学現象や地球磁気圏の放射特性の研究、基本的な宇宙構造論的研究をするための科学実験の実施を目的としている

タグ
宇宙, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント