09:17 2018年09月19日
ラヴロフ外相、スプートニクからのインタビューに「米とは頻繁にコンタクト、疎外感はない」

ラヴロフ外相、スプートニクからのインタビューに「米とは頻繁にコンタクト、疎外感はない」

© AFP 2018 / TIMOTHY A. CLARY
ロシア
短縮 URL
170

ラヴロフ外相は米国国務省とのコンタクトは集中的に行なわれており、世界でロシアが疎外されているということは実際全くないととらえている。外相は4日、スプートニク通信からの独占インタビューにこう語った。

「ケリー米国務長官とは個人的に4度も会っているほか、電話会談も少なくとも25回は行なっている。このためやり取り不足はない。それにロシアのパートナーらが好んで口にするロシアの孤立も、そういう感じはない。」

ラヴロフ外相はこう語る一方で、米国は他の国に対しては「孤立」という幻想を作り出すために対露関係を維持することは勧めていないと指摘。

「日本の首相にロシア訪問を辞めさせるよう説得したというニュースまで報道される始末だ。」

タグ
ジョン・ケリー, セルゲイ・ラブロフ, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント