14:24 2017年03月26日
東京+ 6°C
モスクワ-3°C
    ロシア市民;この1年のーチン大統領の仕事で最も評価しているのはシリアでの作戦

    ロシア市民;この1年のプーチン大統領の仕事で最も評価しているのはシリアでの作戦

    © Sputnik/ Sergey Guneev
    ロシア
    短縮 URL
    5758310

    「世論」基金が実施した調査の結果、プーチン大統領のこの1年の仕事の中で、ロシア市民が最も評価しているのは、シリアでの軍事作戦とクリミアの再統合であることが分かった。

    またロシア人は、国内政治においては、その過程で一連の問題が解決された、大統領との直接対話を正しい社会政策であり行動だったと評価している。

    その一方で、調査に参加した人達は、ロシアが他の国々を炎暑することには賛成しておらず、社会政策が不十分で生活レベルが低いことに不満を持っている。また物価の値上がりや、官僚に対する管理が不十分であることに対し、不安感を持っている事も明らかになった。

    なおロシア人の大部分は、大統領としてのプーチン氏の活動ぶりを、4年前に期待していたものに合致すると捉えている。

    タグ
    ウラジーミル・プーチン, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • unimaro unimaro
      シリアでの軍事作戦を評価している、ということは、ロシアマスコミがシリアの意義をしっかり市民に浸透させていたということ。政府がどれだけ説明しようが、マスコミが解り易く報道しないと一般人たちに浸透はしない。国内政治での直接対話が評価されたのは、市民たちが見ることができ、かつ、解り易い対処が多かったから、になる。
      反面、
      「他国への援助に否定的」なのは、「援助の意義と効果」を市民たちが理解できていない、という意味。
      「生活レベルが低いことに不満」に関しては、↑の援助と関連してしまう。本来切り離して考えるべきことなのだが、一般人には無理。「どうすれば、一般人たちの生活レベルが向上するか?」ということと、「生活レベルが向上すること、と、幸福の関連性」を、まずは「学生たち」から考えさせてみればいいかもしれない。「物欲、金銭欲、名声欲、権力欲」など「助長していく際限がない欲」が、西側をどうしたか?そうなりたいのか?なども問うてみればいい。「ロシア的幸福」の考え方、はいまだロシア人の根底にあるはず。それを再度見出させることに意義は大きいのではないかな?今回の件はロシア人たちが自分たちで再考するにとても良い機会だと思う。
      官僚に対しては、かなり抜本的なことを行ってきた。それを多分皆忘れている。なので、「過去行ってきたことを含めての計画」を解り易く発表してみるのも手かもしれない。「今はココ」的なことを市民たちが知れば、不安は無くなるだろう。また、役人たちの「使命感」を高めることは常に必要。
      ロシア人たち皆が一人一人使命感を持たねばならない現状だが、特に役人たちは常にその使命感で行動しなければロシアという国家はいずれ西側に飲み込まれる。(これは確実。俺様が言うのだから確実)
      だからこそ、「世界の基準を”西側基準”から、”ロシアなどまともな国家たちの標準基準”に変える」ことが、ロシアが西側に飲み込まれないでロシアとして生きていける唯一の道だと一人一人に認識させることが必要で、特に、まず役人たちがそうならねばならない。そうすることで、ロシア指導部の効果が2倍3倍になる。市民たちが使命感を持ったら、っさらにそれが数倍になる。
      その時には、上から下まで全ての者たちに、不満などなくなり、不安など消え去るだろう。
    • avatar
      blue-dragon
      今、気になることのひとつ・・・・

      オーストラリアのクイーンズランドに数千人もの(外人部隊)シンガポール軍が終結だそうだ。

      オーストラリア政府が、5兆円($50 billion dollars )でフランスから12基もの潜水艦「BARRACUDA」を購入することになったのはつい最近のニュースだったが

      6基潜水艦所有をいきなり12基も増やすのさえ不自然であるのに数千人の外人部隊?!

      一体何のために?!

      オーストラリアで一体何が起こる?!

      第二次世界大戦では日本が豪州を攻撃したことがあるという歴史の
      恨みを利用して、世界銀行野郎共が今度は豪州と日本を戦争させようというのか?!

      要注意!!


      ★【なぜ、大量のシンガポール軍がクイーンズランドに駐留?】
      blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51985409.html

      beforeitsnews.com/prophecy/2016/05/breaking-newsthousands-of-singapore-troops-set-to-invade-australi

      「数千人規模のシンガポール軍部隊がオーストラリアに派遣されます。もうじき戒厳令が敷かれるのでは?」

      ★↓コレは日本には当てはまらない。既に日本の自衛隊は、熊本自衛隊の駐屯地震源の深さ10km人工地震を見るように、
      自国の軍隊が、自衛どころか、米軍の直下で自国民を無差別に攻撃、殺害している。

      「政府は自国軍の兵士は自国民を殺害できないことを知っています。一部の国では軍が自国民を殺害していますが。そのため政府は外国軍に国民を殺害させようとしています。外国軍は躊躇せずに他国の町を破壊したり他国の国民を殺害することができます。そして生き残った人々は収容所に送り込まれます。」

      【SUBMARINES】
      www.abc.net.au/btn/story/s4452860.htm

      ↓この高性能の潜水艦を豪州が買わなかった理由も実はくわからない。
      【日本のそうりゅう型潜水艦の尋常でない実力】
      www.youtube.com/watch?v=O_sVw4c1nC0

      www.youtube.com/watch?v=kGvy1GIsfgE

      4200t 全長84m 水中20ノット
    • avatar
      catss4
      シリアがいまだ存続しているのはロシア保護下にあるからだ。それがシリアが以前存続している唯一の理由で、アメリカ政府がロシアを排除したい一つの理由でもある。

      ロシアがウクライナを侵略していないのは全く確実だ。どうして、それが分かるのか? もしロシアが、ウクライナを侵略していれば、ウクライナは今頃存在していないはずなのだ。
      約20年前まで、ウクライナはロシアの一部だった。
      eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/post-8728.html
    新しいコメントを読む (0)