13:36 2018年09月24日
コローメンスコエコローメンスコエコローメンスコエ

ロシア流花見:モスクワ最大の林檎園開花 (写真)

© 写真 : Sputnik 日本 © 写真 : Sputnik 日本 © 写真 : Sputnik 日本
1 / 3
ロシア
短縮 URL
0 180

スプートニク日本が博物館保護区コロメンスコエに位置するモスクワ最大の林檎園の写真を取り集めたものをご提示する。

毎年数百人が開花した林檎の木を鑑賞しに来る。日本と同様にロシア人はそれを背景に写真を撮り、開花の木の下でピクニックし、単に雪のように白いレースのような繊細な花を鑑賞する。芸術家が野天で創作しモデル女性が撮影会を行う。

コローメンスコエ
© 写真 : Sputnik 日本
コローメンスコエ

コロメンスコエ王室の周りに果物や木の実の植栽が出現したのはおそらく17世紀という古い時代。当時も計画は幾何学的に規則的であって、様々な品種の林檎に加えて、サクランボ、ナシ、プラムも約6000本栽培された。庭園は帝政時代総じて6つあった。スタールィ・ボリショイ、ノーヴィイ、クラースヌィ、カザンスキイ、ヴォズネセンスキイ、ジヤコフスキイだ。うち最後の3つのみが現存し、その歴史的な場所にある。

コローメンスコエ
© 写真 : Sputnik 日本
コローメンスコエ


平均してモスクワの林檎は5月初中旬に咲き7〜17日間続く。最初に早い品種が咲く。そして遅いそれが続く。この間博物館保護区はクラシック音楽のコンサートや青空展や演劇などの「コロメンスコエの白夜」を開催。

コローメンスコエ
© 写真 : Sputnik 日本
コローメンスコエ
コローメンスコエ
© 写真 : Sputnik 日本
コローメンスコエ
コローメンスコエ
© 写真 : Sputnik 日本
コローメンスコエ
コローメンスコエ
© 写真 : Sputnik 日本
コローメンスコエ

 

 

 

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント