01:39 2020年10月31日
ロシア
短縮 URL
191
でフォローする

ロシア極東ウラジオストク駐在のメアリー・ガン米国領事は、カムチャッカで馬に乗って散歩中、拘束された。理由は、領事が、外国人の立ち入りが制限されている地域に、事前の通告なく入ったためだった。

ガン領事は、ラズドリヌィ村地区で拘束された。彼女は、領事館の職員としてではなく、個人として馬で散歩中だった。領事は、二人の知り合いと一緒だった。

ラズドリヌィは制限地域で、その地区を管轄する連邦保安庁の許可を受けた外国人のみが立ち入ることができる。ガン領事とその連れは、誰もそうした許可を受けていなかった。なお領事自身は、外交特権を確認する文書の提示後、自由の身となったが、連れの二人は(いくつかの情報では彼らも米国人だという)、罰金刑に処せられる可能性があるが、この問題は警察当局が決定する。

カムチャッカの行政の中心地ペトロパヴロフスク∸カムチャツキイのロシア外務省代表部のヴィクトル・ルミャンツェフ代表代理によれば、ガン公使は、すでにカムチャッカを離れた。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント