03:56 2018年06月19日
マトゥア島

クリル諸島で第二次世界大戦時代の日本のポンプ場発見

© Sputnik / Roman Denisov
ロシア
短縮 URL
1120

クリル列島(千島列島)のマトゥア島(松輪島)がロシア国防省と地理学協会が現地調査を行った際、保存状態のいいポンプ場が発見された。アレクサンドル・ゴルデーエフ東部軍管区広報部長が月曜日27日に伝えた。

「ポンプ場は2つのコンクリート製建造物で、非常に保存状態がいい。内部ではケーブル、パイプライン、ポンプ、そして様々な部品が見つかった。各ユニットには、感じ付きの日本のマークがあった」とゴルデーエフ広報部長は述べた。

丘の斜面の地区では地盤調査が続けられているという。特別な重機を用いて、調査隊は未踏の地下の建造物を確定するため、地面に通路を空けている。

関連:

1942年製の日本の戦闘機がマトゥア島で発見される
タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント