13:45 2018年10月22日
プーチン大統領

ロシアは軍国主義の狂気に屈しない-プーチン大統領

© Sputnik / Michael Klimentyev
ロシア
短縮 URL
2402

ロシアの国境付近におけるNATOの行動は、現在の軍事的均衡を損ねている。ロシアのプーチン大統領が、ロシアの大使たちとの会合で述べた。

プーチン大統領は、「我々は、常に非難されている。我々が何らかの軍事活動を行なっているというのだ。どこで?自国の領土だ。一方で我々の国境近くで展開していることは『正常だ』という」と述べた。

プーチン大統領はまた、「ポーランド、バルト諸国には、即応部隊が配備されており、攻撃兵器が補充されている。これら全ては数十年間でつくられた軍事的均衡を損なうことへ向けられている」と語った。

さらにプーチン大統領は、最近世界では「紛争ポテンシャル」が高まっていると指摘し、「危険な失敗」の回避は対話と協力を用いてのみ可能であると述べ、「しかし軍国主義の狂気に屈するつもりはない。だがまさにその方向へ我々を追いやろうと努力しているようだ」と語った。

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント