21:35 2018年11月20日
ロシアに異常な暑さ予報

ロシアに異常な暑さ予報

© Sputnik / Evgenya Novozhenina
ロシア
短縮 URL
124

本物の熱帯気候が今週、大多数のロシア人を待っている。暑く、湿度が高く、じめじめするだろう。

さらに、酷暑は増していくばかりだと、ロシア水文気象センター研究所長リュドミーラ・パルシナ氏は予報する。

予報では、火曜日、モスクワに月平均降水量の10%の雨が降る可能性があるとされている。

「これは最後の、首都で降るこのような多量の降水となる。雨はその後降ったとしても、短時間の降水となるだろう」とパルシナ氏は述べる。

その後、気温は着実に上がっていく。水曜日には24-29度、木曜日には26-31度、金曜日と土曜日にはすでに猛暑、28-33度が予報されている。これは、平均気温より5-6度高い。

酷暑は西シベリアの南部に訪れ、ところにより温度計の指標は35度まで上がるだろう。ノボシビルスク、ケメロヴォ、トムスク州とアルタイ地方にも酷暑は訪れる。しかし、最も悪いものは高い気温ではなく、雹と秒速15-18メートルの突風が予報されていることだ。

先に伝えられたところによると、南極上空のオゾンホールが塞がるかもしれない。

タグ
モスクワ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント