12:58 2021年10月18日
ロシア
短縮 URL
0 220
でフォローする

ロシアの北カフカース連邦管区に位置するカバルダ・バルカル共和国のチェレク地区にある山での登山中、落下し負傷した日本人登山家を救助隊が発見し、現在山小屋に搬送中だ。

7月13日、日本人登山者が高度約2500メートルのところで峡谷に落ち、頭部に怪我を負った。その男性の救助にロシア非常事態省の捜索救助隊4名が向かった。

救助隊は次のように伝えた。

「モスクワ時間16時15分、負傷者までたどり着き、応急処置を行った。現在日本人を山小屋「ベゼンギ」へ避難させている。」

先に伝えられたところによると、南米エクアドルで、大地震が発生してから13日ぶりに男性が瓦礫の下から救助された

タグ
ロシア, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント